エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

連系線利用申し込み連系線利用申し込み

連系線利用を伴う接続・振替供給に関する契約申し込み受付方法ほか

連系線(各一般送配電事業者の管轄制御エリアを連系する設備等)利用は電力広域的運営推進機関(以下、広域機関という)への申込みが必要となります。なお、託送供給等に伴う契約締結は今まで通り、一般送配電事業者との手続きとなります。

1.連系線利用を伴う申込みの流れ(新規容量登録の場合)

託送供給料金の具体的な算定プロセス

2.事前準備(広域機関システム利用申請等)

広域機関システム利用にあたっては、以下の手続きが事前に必要になります。

託送供給料金の具体的な算定プロセス

3.事前準備(広域機関システム利用申請等)

連系線利用申込みは、「受給契約等」による申込みと「振替供給契約」による申込みの2種類の方法があります。

○受給契約等による連系線利用
接続供給契約の契約者は、広域機関へ連系線希望計画を提出するとともに、予め沖縄電力を除く一般送配電事業者と振替(接続)供給兼基本契約を締結していただきます。発電量調整供給契約の発電契約者は、広域機関への連系線希望計画提出にあわせ、事業を実施するエリアの一般送配電事業者と発電量調整供給兼基本契約を締結していただきます。需要抑制量調整供給契約の需要抑制契約者は、広域機関への連系線希望計画提出にあわせ、事業を実施するエリアの一般送配電事業者と需要抑制量調整供給兼基本契約を締結していただきます。

  • 転売を含む全ての連系線利用について申込み頂けます。
  • 予め、振替(接続)供給兼基本契約を締結頂ければ、連系線利用申込み毎の契約締結は不要です。

○振替供給契約による連系線利用
契約者は、広域機関へ連系線希望計画を提出するとともに、従来通り、経由する全ての一般送配事業者へ振替(接続)供給兼基本契約申込書を提出いただきます。この場合、連系線利用申込み毎に、振替(接続)供給兼基本契約の締結または更改が必要です。

  • 転売を含む全ての連系線利用については申込みいただけません。
  • 連系線利用申込み毎の契約締結または更改が必要です。

託送供給料金の具体的な算定プロセス

4.連系線希望計画提出・送電可否判定

広域機関へ連系線希望計画を提出後、広域機関にて送電可否判定が実施されます。

5.契約識別番号発行

広域機関での送電可否判定結果が「送電可」と判定されれば、契約識別番号を一般送配電事業者にて連系線希望計画を提出された契約者(発電契約者、需要抑制契約者)へ通知いたします。

6.連系線利用計画提出

契約識別番号受領後、速やかに連系線利用計画を広域機関へ提出ください。

7.その他

広域機関システム利用申請、連系線利用計画に関する詳しい内容については、広域機関ホームページをご確認ください。

接続供給契約・振替供給契約、発電量調整供給契約、需要抑制量調整供給契約に関する申込み、お問い合わせについては託送サービスセンターへご連絡ください。

受付箇所 受付用
メールアドレス
受付用
FAX
受付用電話
四国電力
託送サービスセンター
wsc@yonden.co.jp 087-825-3048 050-8801-3759

8.申込書様式

申込書様式は弊社ホームページよりダウンロードください。
また、広域機関ホームページ 別ウインドウで開く にも掲載しております。