エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

不足補給・余剰購入不足補給・余剰購入

接続供給または電力量調整供給に伴う不足補給および余剰購入

30分ごとの同時同量を達成できない場合に発生する差分(インバランス)に対する料金の考え方は、次のとおりです。

※画像をクリックすると拡大します。

接続供給・発電量調整供給の場合

需要抑制量調整供給の場合

インバランスの責任主体が、

  • 契約者と需要抑制契約者の2者となる場合は方式1
  • 需要抑制契約者のみの場合は方式2

に分けられます。

需要抑制量調整受電計画差対応余剰電力量=(需要抑制量調整受電電力量−需要抑制量調整受電計画電力量)

需要抑制量調整受電計画差対応補給電力量=(需要抑制量調整受電計画電力量−需要抑制量調整受電電力量)
ただし、方式2を選択した場合で、需要抑制量調整受電電力量が零となるときは、以下の算式となります。

需要抑制量調整受電計画差対応補給電力量 =

需要抑制量調整受電計画電力量 接続供給電力量 × 1 −ベースライン
1−損失率