エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

契約要件契約要件

契約要件

契約者が接続供給契約または振替供給契約を希望される場合、発電契約者が発電量調整供給契約を希望される場合および需要抑制契約者が需要抑制量調整供給契約を希望される場合は、 次の要件を満たしていることが必要です。

接続供給・振替供給

(1)小売電気事業、一般送配電事業、特定送配電事業または自己等への電気の供給の用に供する電気が電力量調整供給に係るものまたは当社が供給する託送供給に供する電気であること

(2)振替供給の場合、阿南変換設備を使用するときは、30分ごとの振替供給電力が原則として70,000キロワット以上であること

(3)接続供給の場合、契約者が需要者の需要の計画値に応じた電気の供給が可能であること

(4)振替供給の場合、契約者が営む小売電気事業、一般送配電事業、特定送配電事業または契約者が行う自己等への電気の供給の用に供するためのものであること

(5)需要者が電気設備を当社の供給設備に電気的に接続するにあたり、電気設備に関する技術基準、その他の法令等にしたがい、かつ、当社が定める系統連系技術要件を遵守して、当社の供給設備の状況等を勘案して技術的に適当と認められる方法によって連系すること

(6)高圧または特別高圧で供給する場合は、契約者および需要者が当社からの給電指令にしたがうこと

(7)契約者が、需要者に当社が定める託送供給等約款における需要者に関する事項を遵守させ、かつ、需要者が当社が定める託送供給等約款における需要者に関する事項を遵守する旨の承諾をすること

(8)需要者が当社または他の契約者から電気の供給を受けることを当社が確認した場合は、契約者が、当社が契約者にあらかじめお知らせすることなく接続供給の実施に必要な需要者の情報を当社が当社の小売電気事業、特定送配電事業もしくは自己等への電気の供給の用に供するために使用し、または当該他の契約者に対し提供する旨の承諾をすること

(9)契約者が自己等への電気の供給の用に供するための接続供給契約または振替供給契約を希望される場合は、次の要件を満たすこと

  • 契約者と同一の者である発電者の発電設備が電気事業法第2条第1項第5号ロに定める非電気事業用電気工作物であること
  • 契約者と同一の者でない発電者の発電に係る電気も供給する場合は、当該発電者の発電設備が契約者と電気事業法第2条第1項第5号ロの経済産業省令で定める密接な関係を有する者が維持及び運用する非電気事業用電気工作物であること
  • 需要者が契約者と同一の者、または契約者と電気事業法第2条第1項第5号ロの経済産業省令で定める密接な関係を有する者であること

発電量調整供給

(1)発電契約者が発電量調整受電計画電力量に応じて電気を供給すること

(2)発電者が発電する電気が当社が行なう託送供給に係るものであること

(3)発電者が電気設備を当社の供給設備に電気的に接続するにあたり、電気設備に関する技術基準、その他の法令等にしたがい、かつ、当社が定める系統連系技術要件を遵守して、当社の供給設備の状況等を勘案して技術的に適当と認められる方法によって連系すること

(4)高圧または特別高圧で受電する場合は、発電契約者および発電者が当社からの給電指令にしたがうこと

(5)発電契約者が、発電者に当社が定める託送供給等約款における発電者に関する事項を遵守させ、かつ、発電者が当社が定める託送供給等約款における発電者に関する事項を遵守する旨の承諾をすること

需要抑制量調整供給

(1)需要抑制契約者が特定卸供給を行なう事業を営む者で、次のいずれにも該当すること

  • 需要者に対して、需要抑制量、需要抑制の頻度および時期を定めた需要抑制に関する計画を適時に策定し、当該計画にしたがって適切な需要抑制の指示を適時に出すことができること
  • 上記計画によってえられた100キロワットをこえる電気を供給しようとするものであること
  • 電気の安定かつ適正な供給を確保するための適切な需給管理体制および情報管理体制を確立し、実施および維持することができること
  • 需要者の保護の観点から適切な情報管理体制を確立し、実施および維持できること
  • 需要者と電力需給に関する契約等を締結している契約者が供給力を確保するよう、当該契約者と需要抑制契約者との間または当該契約者と需要者との間で適切な契約がなされていること

(2)需要抑制契約者が需要抑制量調整受電計画電力量に応じて電気を供給すること

(3)需要者に係る接続送電サービスまたは臨時接続送電サービスが電灯定額接続送電サービスまたは電灯臨時定額接続送電サービスもしくは動力臨時定額接続送電サービスでないこと

(4)需要抑制量調整受電電力量の算定上、技術上、経済上やむをえない場合等特別の事情により計量器を取り付けない需要場所を対象としないこと

(5)需要抑制契約者が、需要者に当社が定める託送供給等約款における需要者に関する事項を遵守させ、かつ、需要者が当社が定める託送供給等約款における需要者に関する事項を遵守する旨の承諾をすること