エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

徳島県西部の電気の歴史徳島県西部の電気の歴史

・ 日本では、明治11年に東京木挽町で初めて電気が点灯しました。
・ 四国では、明治28年に徳島で点灯したのが初めてです。 その時の発電は石炭による火力発電(250kW)でした。 場所は、徳島駅東にある現在の四国電力徳島支店と同一場所です。
・ 徳島県西部(美馬市・美馬郡・三好市・東みよし町)は昔から四国の電源地帯として発展しました。この地域では、明治41年(1908年)に現在の三好市井川町に辻町発電所が建設されました。この発電所は、水力発電です。出力は100kWで三好市の池田町・井川町の約600戸に電気を送っていました。
その頃、電気がついている家は、四国でどのくらいあったかと言うと、明治44年の数字ですが約23,000戸です。この地域で早くから電気がついていたことがわかります。
次に建設された発電所は、祖谷川水系の三縄発電所です。この発電所は香川県の四国水力電気(株)が大正元年に建設したもので、当時の同社社長は福沢諭吉の娘婿で「水力発電の父」と呼ばれた福沢桃介でした。香川県には、大きな川がありませんので、近い祖谷川で電気を起こして送電線で香川県に送ることとしました。出力は2,000kWで当時(大正元年:1912年)では四国最大の発電所でした。

松尾川第一発電所の安全祈願(昭和28年使用開始)
続いて三好市(旧山城町)の白川発電所、三好市(旧東祖谷山村)の祖谷発電所、つるぎ町(旧貞光町)の吉良発電所、三好市(旧池田町)の出合発電所ができました。

昭和に入りますと、美馬市(旧穴吹町)の口山発電所、つるぎ町(旧一宇村)の切越発電所、三好市(旧西祖谷山村)の一宇発電所ができました。
昭和15年頃は、香川県の最大電力が15,000kWであり、当時香川県へ電気を送っていた三縄・出合・一宇発電所の合計出力は21,500kWでした。このため、いずれかの発電所が停止すると、香川県内の電車が止まったり、工場が停止したことが数多くありました。

戦後、伊予川発電所、松尾川第一発電所、松尾川第二発電所、高野発電所、新三縄発電所、名頃発電所、池田発電所が建設されました。

三縄発電所(新)の主変圧器の輸送(昭和34年使用開始)

名頃発電所(昭和36年使用開始)
昭和30年代までは四国の電気は水力の発電が中心だった