エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

オマーン国 バルカ3・ソハール2 発電プロジェクトオマーン国 バルカ3・ソハール2 発電プロジェクト

オマーン国の「バルカ3・ソハール2発電プロジェクト」は、首都マスカットの西方、バルカ地区およびソハール地区に発電所を建設し、15年間にわたり運転・保守を行い、オマーン電力・水調達会社に対し電力を販売する事業です。

バルカ地区は首都マスカットの西75km、ソハール地区は同じく240kmに位置しており、プラントは、それぞれ74万4千kWのガスタービン・コンバインドサイクル発電設備を備えています。

平成25年4月には、プラントの建設が完了し、現在、順調に営業運転を継続しています。

なお、当社は、平成26年9月から3年間の予定で、現地事業会社に社員を派遣し、同社の財務責任者(CFO)として、事業管理の一翼を担っています。

コラム:「国際競争入札の現場から」>>

コラム:「現地駐在を通して」>>

プロジェクト位置図

プロジェクト概要

プロジェクト名 バルカ3 ソハール2
発電設備 74.4万kWガスタービン・
コンバインドサイクル発電設備
74.4万kWガスタービン・
コンバインドサイクル発電設備
電力の販売先 オマーン電力・水調達会社
電力の販売期間 平成25年4月から15年間
燃料供給 オマーン石油ガス省
総事業費 約17億米ドル
[参考]
事業会社ホームページ
alsuwadipower.com albatinahpower.com

事業スキーム