エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

放射線って何?もっと詳しく原子力

放射線って何?

よく耳にする放射線と放射能という言葉ですが、その違いがよく分かりません。どのように違うのでしょうか?

放射線を出す能力のことを放射能といいます。

懐中電灯に例えると、光が放射線、光を出す能力が放射能、そして懐中電灯が放射性物質にあたります。

放射線を出す能力のことを放射能といいます。

放射線、放射性物質、放射能

懐中電灯に例えると、光が放射線、光を出す能力が放射能、そして懐中電灯が放射性物質にあたります。
放射性物質は時間がたつに従って変化し、次第に放射線は出なくなります。
放射線を出す物質、つまり放射性物質は放射線を出して次々と別の物質に変わり、最終的に放射線を出さない物質になります。懐中電灯に例えると、時間の経過とともに電池が少なくなり、光が弱くなって、最後にはつかなくなるのと同じです。

放射線の種類や透過力の強弱はさまざまです。

放射線の種類、透過力

放射線にはアルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、エックス(x)線、中性子線など、いろいろな種類があり、種類によって透過力に差があります。たった1枚の紙キレで止まる放射線もあれば、鉛や厚い鉄板でないと止まらないものもあります。
中性子線は鉛や鉄ではなく、水やコンクリートの壁で止まります。

放射線の影響を数値で表示。

■放射線に関する単位

ベクレル(Bq)

放射能の強さを表す単位で、1秒間に1個の原子核が崩壊して放射線を出す場合1ベクレル

グレイ(Gy)

放射線のエネルギーがどれだけ物質(人体を含む)に吸収されるかを表す単位

シーベルト(Sv)

人体が放射線を受けたときの影響を表わす単位

放射線は目に見えませんが、機器で測定し、管理することはできます。人体に放射線があたった場合、同じ吸収線量であっても放射線の種類やエネルギーによりその影響の度合いは異なります。そこで、放射線の種類やエネルギーに関係なく、放射線による人体への影響を同一尺度で評価する単位が設けられています。

 
放射能の減り方