エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

ふだんの生活の中で放射線を受けてるって本当?もっと詳しく原子力

ふだんの生活の中で放射線を受けてるって本当?

私たちが毎日生活するうえで、自然に放射線を受けているという話を聞きましたが、本当でしょうか。

本当です。私たちは自然界からいつも放射線を受けています。

大地から、空気中から、食べ物から、宇宙からも、・・・
毎日、自然界から放射線を受けて私たちは生活しています。

すべての生物は太古の昔から自然界からの放射線を受けてきました。

自然界には地球誕生のときから放射線があり、私たちの祖先は放射線を受けてきました。まず、大地そのものや、空気中から、次に毎日の食べ物を通じて、さらに宇宙から常に降り注いでいる放射線「自然放射線」があります。それらの放射線の量は世界平均で1年間に約2.4ミリシーベルトになります。このように、放射線は特殊なものではなく、意外に身近にあり、その中で私たちは日々過ごしている、といえるでしょう。

自然から受ける放射線の量は地域によって差があります。

自然から私たちが受ける放射線の量は世界中どこでも同じように思えますが、調べてみると国や地域によって差があります。同じ四国でも場所毎に異なります。これは地質や標高、緯度などの違いによるものです。しかし、その差はそこに住む人々の健康に影響を与えるものではありません。もちろん、そこに住めない、住むのに危険といったこともありませんので、ご安心ください。

全国の自然放射線