エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

クリアランス制度って何?クリアランス制度って何?

クリアランス制度って何?

限りある資源を安全に有効利用するための制度です。

資源のリサイクルにつながります。

原子力発電所の解体工事などで発生した廃材のほとんどは、放射能レベルが極めて低く、人の健康への影響が無視できるものです。クリアランス制度は、年間0.01ミリシーベルトを超えないことを基準に、これらを、国の確認を受けて、一般のリサイクル品として資源を有効に再利用することや、産業廃棄物として取り扱うことのできる制度です。

クリアランス制度は海外では既に多くの国において導入されており、我が国でも平成17年度に法令に取り入れられ、日本原子力発電株式会社の東海発電所の解体に伴い発生する廃棄物に、この制度が適用されています。

当社では、東海発電所で使用されていた金属を再加工して作られたベンチを、伊方ビジターズハウス、伊方発電所構内、原子力保安研修所(松山市)および本店原子力部(高松市)に設置し、来訪者にご利用いただいています。

クリアランス制度によるリサイクルは、地球環境への負荷を低減し、我が国が目指す循環型社会の形成に寄与することが期待されています。

当社は今後も、クリアランス制度の定着に向け、制度の理解促進を図ってまいります。

※  人が日常生活の中で受ける自然放射線(年間約2.4ミリシーベルト)の200分の1以下。人の健康への影響が無視できる線量として国際的に認められている。

【伊方ビジターズハウスに設置しているベンチ】

幅約90cm×高さ約40cm×奥行約55cm、重さ約30kg