料金メニュー

燃料費調整制度

燃料費調整制度の概要

燃料費調整制度は、原油・石炭等の燃料費が為替レートや価格の変動により上昇あるいは低下した場合、一定の基準により自動的に電気料金を調整するしくみです。

具体的には、電気料金見直し時に設定した基準となる燃料価格(=基準燃料価格[26,000円/kl])と、財務省が発表する貿易統計実績をもとに算定する燃料価格の3ヵ月間平均値(=平均燃料価格)との変動分を電気料金へ反映(燃料費調整)するものです。

※「燃料費調整単価」につきましては、当社事業場やホームページへの掲示、または検針時にお渡しする「電気ご使用量のお知らせ」等への掲載によりお知らせいたします。

1.燃料費調整の実施時期

燃料費調整単価は毎月見直しを行い、調整月の3~5ヵ月前の3ヵ月間の平均燃料価格を反映いたします。

[参考]平均燃料価格の反映イメージ

2.燃料費調整の実施範囲

基準燃料価格(26,000円/kl)と平均燃料価格の変動分を、次のように電気料金へ反映いたします。

3.燃料費調整単価

燃料費調整単価は、電気料金見直し時に設定した基準単価※1をもとに算定いたします。

※1:基準単価は、平均燃料価格が1,000円/kl変動した場合の燃料費調整単価で、次のとおりとなっております。