エンターを押すとグロバーナビゲーションをスキップします
文字サイズ変更小.中.大
  • HOME
  • 電気料金のご案内
  • 暮らしのサポート
  • ビジネスサポート
  • エネルギー・環境
  • 会社情報
ココから本文です。エンターキーを押すとローカルナビゲーションに移動します。

エネルギーの安定供給のためにエネルギーの安定供給のために

エネルギーの安定供給のために

電気はさまざまな設備を経てお客さまのもとに届けられています

水力発電所や火力発電所、原子力発電所でつくられた電気は、張り巡らされた送電線を通り、変電所に送られます。変電所で電圧を下げられた後、配電線を経てお客さまのもとに届けられています。

電気の流れ

いろいろな電源を組み合わせて電気をお届けしています

電気は大量に貯めることが困難です。このため電力会社では、時々刻々と変化する電力のご使用量に合わせて、24時間365日休まず発電量を調整し、電力をお届けしています。電力需要は季節や時間帯によって大きく変化するため、原子力、石炭火力などのベース電源に加え、昼間のピーク時には、石油火力や揚水式水力なども活用しています。
需要と供給のバランスが崩れると周波数や電圧が不安定になり、電気の「質」が低下します。さらに、大規模な停電が起きる可能性もあります。
瞬間的に電気の「質」が低下すると、工場では製品にばらつきがでるなど、大きな損害が発生することもあります。技術力の高い日本の「ものづくり」産業を支えているのも良質な電気なのです。

一日の電気の使われ方(四国)

電力需要に合わせた電源の組み合わせ(イメージ図)

需要と供給のバランス

エネルギーミックスが重要です

水力、火力、原子力などの発電方式には、それぞれ異なる特性があります。そのため、電力の供給にあたっては、それらをバランスよく組み合わせる「エネルギーミックス」が重要です。

電源構成の考え方

電源構成の推移

再生可能エネルギーの開発・普及を進め、主力電源化を図ります

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、環境負荷が小さく、地球にやさしいエネルギーです。2012年7月からは、固定価格買取制度が始まるなど、官民一体となって開発・普及に取り組んでいます。2018年7月に閣議決定した第5次エネルギー基本計画では、再生可能エネルギーの「主力電源化」に向けた取り組みが示されました。
ただし、太陽光発電や風力発電には、以下のような課題もあります。

  • 太陽光発電の課題

大量の電気をつくるためには、多くの太陽光パネルを設置できる広大な敷地が必要となります。また、曇りや雨の日には発電量が少なくなり、夜間には全く発電できません。

  • 風力発電の課題

大量の電気をつくるためには、多くの風車を設置できる広大な敷地が必要となります。また、発電出力が急激に変動するため、調整がしにくい電源ともいえます。

再生可能エネルギーの課題

太陽光発電の出力変動(春)