本文へジャンプ

エネルギーの種類

エネルギーには、さまざまな種類の仲間がおるぞ。どんな種類があるのかくわしく見てみよう。

エネルギーには、光エネルギーをはじめ、電気エネルギーや位置エネルギー、運動エネルギーなど、さまざまな種類があります。

エネルギーの種類
位置エネルギー 高い位置にあるモノは、重力によって落下し、他のモノを動かす能力があります。
このように、位置エネルギーとは、「モノが高い場所にあるときにたくわえているエネルギー」のことです。
運動エネルギー 運動エネルギーとは、「モノが運動しているときのエネルギー」のことです。
運動エネルギーは、位置エネルギーとあわせて「力学的エネルギー」ともよばれ、その総和は常に一定です。これを「力学的エネルギーの保存の法則」といいます。
熱エネルギー 熱は、モノを温めたりする能力があります。
たとえば、手をこすりあわせると温かくなるのも、熱エネルギーが発生している証拠です。
電気エネルギー 電気は、モーターを回したり電球を光らせる能力があります。
私たちのくらしに一番身近なエネルギーです。
化学エネルギー ガソリンは、酸素との化学反応で熱も発生する能力があります。これを化学的エネルギーといいます。
光エネルギー 太陽の光には、植物が光合成を行い、でんぷんや酸素をつくる能力があります。
核エネルギー 原子核が分裂するときに発生するエネルギーのことです。
前にもどる もくじ 次へすすむ