四国電力

女木島ふれあい出前講座【高松支店】

高松市の沖合に浮かぶ、女木島(めぎじま)が舞台。女木島は鬼ヶ島とも呼ばれ、島の至る所で「鬼」の姿を見かけます。また、近年では「瀬戸内国際芸術祭」の会場にもなり、アートの島としても注目されています。
そんな女木島を、高松支店の2人が訪れ、昨年に続いて「ふれあい出前講座」を開催しました。「元気だった?今年もよく来てくれたね。」と声をかけてくれる方もちらほら。お客さまの笑顔が私たちの元気の源。来年もまたお会いしたいなあ。