平成30年12月18日
四国電力株式会社

伊方発電所3号機の定期検査間隔延長に関する一部報道について

 本日、一部報道機関において、昨日行われた原子力規制委員会と当社経営層による意見交換の場で、当社が、伊方発電所3号機の定期検査間隔の延長を目指す考えを明らかにしたとの記事が掲載されておりますが、これに対する当社の見解は以下のとおりです。  

  • 意見交換の場における発言の趣旨は、将来に亘って原子力の安全性向上に向け取り組んでいく上での技術的課題として、オンラインメンテナンス(運転中保全)や長サイクル運転といったテーマもあるのではないかということを申し上げたものです。

  • 当社において、定期検査間隔の延長について、具体的な計画を進めている事実はございません。

  • なお、現在の法令(実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則)では、原子力規制委員会の審査に合格すれば、13〜24か月に1回の定期検査も可能となっています。

以  上





戻る

Copyright(C) 2018 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. All rights reserved. / Kagawa,Japan