平成17年8月5日
四国電力株式会社



石綿使用状況等に関する調査結果と今後の対応について



 当社では、石綿被害への社会的関心が高まるなか、石綿の使用状況等に関する調査を行ってまいりましたが、本日、その結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

1. 設備における使用状況について

(1)  調査期間:7月下旬〜8月初め

(2)  調査対象:

・発電所: 火力4個所、原子力1個所、水力58個所
・変電所: 205個所
・地中送電線: 101km
・地中配電線: 694km
・建物: 約2,700棟

(3)  調査結果

1石綿を含有する吹付け(吹付け石綿)
2石綿含有製品

    ○建物および設備における主な石綿使用状況

(4)  今後の対応

1石綿を含有する吹付け(吹付け石綿)
2石綿含有製品

2. 健康被害について

これまで、当社に勤務されていた方で、労災認定された事例が1件あります。

認定時期:平成14年8月
被認定者:当社の元臨時職員
勤務場所:昭和27年から35年にかけて当社の旧西条発電所に勤務
被害状況:石綿肺に伴う続発性気管支炎

当社といたしましては、過去にこうした事例があることなどから、石綿による健康被害について、退職者の実態調査を行うこととしております。

なお、現時点で、当社グループ会社(22社)における、労災認定の事例はありません。



以 上




戻る

Copyright(C) 2005 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp