平成18年10月18日
四国電力株式会社

伊方発電所における耐震安全性評価実施計画書の国への提出について

  当社は、「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴う国(原子力安全・保安院)の指示(稼働中の原子炉施設の耐震安全性評価の実施)を受け、伊方発電所1・2・3号機の耐震安全性評価に関する実施計画書をとりまとめ、本日、国に提出しました。

  今後、本計画書に基づき、新指針に照らして、基準地震動を策定した後、施設の耐震安全性評価を行います。評価期間は、1・2号機は平成21年3月まで、3号機は平成20年7月までを見込んでいます。

  当社としましては、新指針に基づく適正な評価を行うとともに、必要に応じて耐震性向上工事を実施し、耐震安全性に対する信頼性を一層向上させることにより、伊方発電所の安全運転に万全を期してまいります。



以 上

【添付資料1】 伊方発電所における耐震安全性評価実施計画書の概要  (PDF-9KB)
【添付資料2】 既設発電用原子炉施設の耐震安全性評価実施計画書  (PDF-17KB)


PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。


戻る

Copyright(C) 2006 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp