平成19年5月29日
四国電力株式会社

京都メカニズム活用の取り組みについて

  当社は、従来より、地球温暖化などの環境問題を経営の重要課題として捉え、CO2排出削減に向けて、原子力発電所の安全・安定運転の継続をはじめ、発電・輸送効率の向上やLNG導入など、あらゆる設備・運用面での対策に取り組んできております。
  こうした取り組みを補完するものとして、京都メカニズムの活用によるCO2排出削減クレジットの獲得を進めており、現在の取り組み状況は以下のとおりとなっています。

◇ 当社の京都メカニズム活用の取り組み
1.炭素基金への出資
※基金の性質上、確定していないが獲得クレジット量は、200万トン程度を見込んでいる。
2.商社等からの購入
以 上

(参考)当社のCO2排出原単位の経年推移と目標




(参  考)


当社のCO2排出原単位の経年推移と目標
目標 2008〜2012年度平均のCO2排出原単位を0.326kg-CO2/kWh(1990年度比20%減)程度まで低減する



戻る

Copyright(C) 2007 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp