平成22年04月27日
四国電力株式会社

伊方発電所の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見
の収集結果等の報告について

近年、急速に地震関連の新たな科学的・技術的知見が得られていることから、原子力安全・保安院において、今後の原子力発電所の耐震安全性に係る信頼性の一層の向上を図るために、新たな知見を必要に応じて耐震安全性評価に反映するなどの取り組みを継続していくことが重要とされ、その仕組みとして、平成21年5月8日に同院より原子力事業者等に対し、新たな知見を収集して耐震安全性評価に反映するなどの毎年度の取組状況を報告するよう指示が出されました。

当社は、従来より伊方発電所周辺の地質・地盤に関する最新の情報を自主的に収集するとともに、海域を含めた詳細な地質調査等を実施し、必要に応じて伊方発電所の耐震安全性評価に反映していますが、上記指示を受けて、平成21年度における国の機関、学協会等による報告書のほか、主要な学会での発表や海外情報等から新たな知見を収集し、伊方発電所の耐震安全性評価に反映が必要か評価した結果について、本日、同院に報告しました。

なお、平成21年度においては、収集した新たな知見のうち伊方発電所の耐震安全性評価に反映すべき知見はありませんでした。

平成21年度の報告件数


新知見情報

新知見関連情報

参考情報

報告件数(件)

0

1

34

 

(参考)
新知見情報   :耐震安全性評価に反映が必要な情報

新知見関連情報:信頼性の高い新たな知見を含むものの、耐震安全性評価への反映が不要な情報  

参考情報     :現時点では新たな知見とは見なさないが、今後、耐震安全性に対する信頼性や耐震裕度向上につながりうる情報として参考として報告する情報




以上

戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp