平成22年12月01日
四国電力株式会社

松山太陽光発電所(第一期増設分)の営業運転開始について

 当社は、低炭素社会の実現に向けた取組みの一環として、既設の松山太陽光発電所(300kW)を2回に分けて増設し、合計出力約4,300kWとなるメガソーラー発電所を導入する計画としております。

 このうち、第一期増設分(1,742kW)については、本年4月から本体工事を開始しておりましたが、太陽光パネル等の発電設備設置工事が完了し、本日、営業運転を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 松山太陽光発電所は、今回の増設により、既設分(300kW)と合わせた合計出力が2,042kWとなり、四国初のメガソーラー発電所となります。また、これによる年間発電電力量は約220万kWhを見込んでおり、年間約700tのCO2排出量の削減が可能となる見込みです。

 当社としましては、今後とも新エネルギーの普及促進に努め、低炭素社会の実現に貢献してまいります。

 

松山太陽光発電所の概要

発電所名

松山太陽光発電所

所在地

愛媛県松山市勝岡町1163

出力
(敷地面積)

既設

増設計画

第一期

第二期

300kW
(約0.9万m2

1,742kW
(約2.7万m2)

約2,300kW
(約3.2万m2)

運開時期

平成8年3月

平成22年12月

平成32年度までに

年間発電電力量
(予定)

約220万kWh

約240万kWh

 

以上

(添付資料)松山太陽光発電所位置図・概観写真


添付資料

〔松山太陽光発電所位置図〕

 松山太陽光発電所位置図

〔松山太陽光発電所概観〕

松山太陽光発電所概観





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp