平成23年08月17日
四国電力株式会社

福島第一・第二原子力発電所における地震観測記録の中断を踏まえた
伊方発電所の調査結果の報告について

 当社は、東日本大震災において東京電力の福島第一・第二原子力発電所の地震観測記録が中断したことを踏まえた国の指示に基づき、伊方発電所に設置している観測用地震計について同様の不具合が発生しないか調査を行い、本日、その調査結果を原子力安全・保安院に報告しました。

 調査の結果、伊方発電所の観測用地震計の収録装置は、福島第一・第二原子力発電所の収録装置と異なり、地震が発生していない時も含めて常時連続的に記録を行う機能を有しており、揺れの感知にかかわらず記録は連続的に保存されることから、地震観測記録が中断するような不具合は発生しないことを確認しました。

 

※国の指示
「平成23年東北地方太平洋沖地震における東京電力株式会社福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所の地震観測記録が中断した原因の分析結果を踏まえた対応について」 (平成23年5月18日付)

PDFマーク報告書「平成23年東北地方太平洋沖地震における東京電力株式会社福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所の地震観測記録が中断した原因の分析結果を踏まえた対応に基づく報告書」(PDF-90KB)

以上

PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp