平成23年08月22日
四国電力株式会社

九州電力の玄海3号機における耐震安全性評価における入力データ誤りを
踏まえた伊方発電所の点検結果の報告について

 当社は、九州電力の玄海3号機の耐震安全性評価における入力データ誤りを踏まえた国の指示に基づき、伊方発電所の同評価において、同様の誤りが発生しない体制が構築されているかを再点検し、本日、その点検結果を原子力安全・保安院に報告しました。

 点検の結果、伊方発電所においては、以下の通り、同様の誤りが発生しない体制が構築されていることを確認しました。

・耐震安全性評価の解析を行う受注者は、データの入力根拠の明確化、入力結果の確認および解析結果の検証を実施している。

・当社は、受注者の各段階での作業が確実に実施されていることを確認している。

 

※国の指示
「九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(指示)」 (平成23年7月22日付)

添付資料
「九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(概要)」

報告書
PDFマーク「九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(報告)」 (PDF-20KB)

 

以上


(添付資料)

九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋
の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(概要)

 

1.経緯
 平成23年7月22日に、九州電力株式会社より耐震安全性に係る評価について、玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋における入力データの一部に誤りがあるとの報告を受け、原子力安全・保安院は、同日、「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」等の改訂に伴う既設発電用原子炉施設等の耐震安全性の評価(以下、「バックチェック」という)を実施している原子力事業者に対し、「九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(指示)」(平成23・07・22原院第1号)を発出した。

2.指示事項
 指示事項は、「玄海原子力発電所第3号機の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえ、同社が解析を委託した会社と同じ会社に解析を委託した原子力事業者は、同様の誤りがないか調査し、解析を委託した会社が異なる原子力事業者は、入力データに誤りが無いことのチェック体制について再点検を行い、その結果を平成23年8月22日までに報告すること。」となっている。

3.調査及び再点検結果
 当社が解析を委託した会社は異なっていることから、入力データに誤りが無いことのチェック体制について再点検を行った。
 今回の指示を踏まえチェック体制を再点検した結果、現在は入力データのチェック方法を強化しており、当社及び受注者(解析者)は、このチェック体制を遵守していることから、チェック体制は問題ないと考えられる。
 なお、今後も引き続き現在の運用を確実に実施するとともに、解析業務に係る不適合事例の情報収集に努め、必要に応じ関係者への周知やチェック体制の更なる強化を図ることとする。

以上

 


 
PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp