平成23年08月25日
四国電力株式会社

平成23年7月分 電力需給状況

<需要の概要>

平成23年7月分の販売電力量は、24億8千万キロワット時、前年比98.5%となった。

〔需要の内訳〕

  • 家庭用などの「電灯」は、6月下旬から7月中旬にかけての気温が前年に比べ高めに推移し、冷房需要が増加したことなどから、前年比100.8%となった。
  • 事務所ビル・大型商店などの「業務用電力」は、東日本大震災を契機とした節電が継続していることに加え、昨年7月下旬の猛暑による需要増の反動もあり、前年比95.9%となった。
  • 産業用の「大口電力」は、全ての主要業種において前年を下回り、前年比98.6%となった。
    (平成22年1月以来、18ヶ月ぶりのマイナス)

 

 電灯等の低圧需要の7月分検針期間は、前月(6月)の検針日〜当月(7月)の検針日の前日までの1か月間であるため、6月における高気温の影響の一部は、7月分に反映される。

 

需要実績

大口電力の主な産業別内訳

販売電力量の前年比の推移

4県都平均気温

各県別の需給状況

<供給の概要>

  • 原子力は、定期検査による停止期間の長期化の影響により、前年比62.2%となった。
  • 水力は、他社からの受電減少などにより、前年比97.8%となった。
  • 火力は、原子力の減少などにより、前年比131.5%となった。

供給実績

 

各県別の詳細については四国の電力需給状況をご覧下さい




以上

戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp