平成23年08月30日
四国電力株式会社

伊方発電所1号機停止に伴う9月の需給対策について

 例年9月前半の需要については、8月のピーク時に比べ低下するものの、残暑により比較的高い水準となることから、伊方1号機停止に伴う供給力低下により、厳しい需給状況となることが想定されます。このため以下の供給対策を講じることにより、電力の安定供給に万全を期して参ります。

  なお、関西電力に緊急的に行っている応援融通(当初:4万kW、8月17日以降:2.5万kW)については、9月3日をもって取り止めることとしております。

主な供給対策

追加供給力

自家発等からの受電継続

13万kW程度

阿南3号機の定期検査繰り延べ
(定検開始日:9/3→9/9まで延伸)

45万kW


 (参考)9月前半の需給バランス

[供給対策前] 

 

(発電端:万kW、%)

 

9/5(月)〜9(金)

9/12(月)〜16(金)

最大電力

514

488

供給力

517

517

予備力

3

29

予備率

0.5

5.8

 
矢印

[供給対策後] 

 

(発電端:万kW、%)

供給力

574

529

予備力

60

41

予備率

11.7

8.4




以上

戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp