平成23年10月06日
四国電力株式会社

伊方発電所の耐震安全性評価の入力データ等に係る再点検結果の報告について

 当社は、九州電力の玄海3号機の耐震安全性評価における入力データ誤りを踏まえた国の指示※1に基づき、伊方発電所の同評価において、同様の誤りが発生しない体制が構築されているかについて再点検を行い、問題がなかったことを確認し、8月22日、その点検結果を原子力安全・保安院(以下、「保安院」という)に報告しました。

(8月22日お知らせ済み)


 同指示に基づく点検の結果、関西電力の高浜3、4号機においても入力データ誤りが確認されたことなどから、耐震安全性評価に係る解析のために入力したデータ等について、解析の委託先を問わず、誤りの有無を調査し、耐震安全性評価報告書の再点検を行い、安全性に関する総合的評価のうち耐震裕度に係る評価を報告する前までに保安院の確認をうけるよう、新たに指示※2を受けました。

 当社は、新たな国の指示に基づき、伊方発電所の耐震安全性評価報告書について再点検を行い、入力データ等に誤りはなく、耐震安全性評価に問題がないことを確認し、本日、保安院に報告しました。 

 

※1 国の指示
「九州電力株式会社玄海原子力発電所第3号機の原子炉建屋及び原子炉補助建屋の耐震安全性評価における入力データの誤りを踏まえた対応について(指示)」(平成23年7月22日付)

※2 国の指示
「耐震安全性評価報告書の再点検について(指示)」 (平成23年8月22日付)  

 

添付資料
「耐震安全性評価報告書の再点検結果」

報告書
PDFマーク「耐震安全性評価報告書の再点検について(報告)」 (PDF-114MB)

以上


(添付資料)

耐震安全性評価報告書の再点検結果

 

1.調査内容について
 平成23年8月22日付け、原子力安全・保安院からの指示「耐震安全性評価報告書の再点検について(指示)」(平成23・08・22原院第1号)を受けて、当社が提出している耐震安全性評価報告書について、以下の各評価・検討項目に係る解析を対象として調査を実施した。

調査対象となる評価・検討項目

評価・検討項目

対象号機

1,2号機※1

3号機※2

基準地震動Ssの策定

原子炉建屋基礎地盤の安定性評価

安全上重要な建物・構築物の耐震安全性評価

安全上重要な機器・配管系の耐震安全性評価

屋外重要土木構造物の耐震安全性評価

地震随伴事象に対する考慮(周辺斜面に対する安定性)

地震随伴事象に対する考慮(津波に対する安全性)

※1:伊方発電所1,2号機
「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴う耐震安全性評価結果中間報告書
(平成21年3月)

※2:伊方発電所3号機
「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴う耐震安全性評価結果報告書(改訂版)
(平成23年3月)
 

2.調査概要
 調査対象となる評価・検討項目に係る解析について、当社および当社が解析を委託した会社(以下、「受託者(解析者)」という)が以下の調査を実施した。

【受託者(解析者)】

(1) 入力根拠書に痕跡を付けながら、設定根拠が明確になっていることを確認

(2) 電算機へインプットしたデータの電算機出力をプリントアウトしたものに痕跡を付けながら、入力根拠書どおり正しく入力されていることを確認

【当社】

(1) 耐震バックチェックの解析業務について、受託者(解析者)において各過程における作業が適切に管理されていることを確認

(2) 入力根拠書の設定根拠が明確になっていることを、受託者(解析者)から提出された資料により確認

(3) 計算機プログラムへの入力が正確に実施されていることを、受託者(解析者)から提出された資料により確認
 

3.調査結果
 今回の指示を踏まえ、耐震安全性評価報告書の再点検を実施した結果、耐震安全性評価に係る解析のために入力したデータおよび条件設定に誤りがないことを確認した。

以上

 

  PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp