平成24年02月17日
四国電力株式会社

伊方発電所電源線の送電鉄塔基礎の安定性等評価報告書の提出について

 当社は、平成23年4月7日に発生した宮城県沖の地震に伴い、東北電力管内で生じた停電に起因する東通原子力発電所等における一時的な外部電源の喪失を踏まえた国の指示に基づき、同年5月16日に伊方発電所の外部電源の信頼性確保について報告しました。

 この報告書の中で伊方発電所電源線について、送電鉄塔基礎の安定性等の評価を実施することとしておりましたが、本日その実施結果を取りまとめた報告書を、原子力安全・保安院に提出しましたので、お知らせいたします。

 評価の結果、盛土の崩壊や地すべり、急傾斜地の崩壊に対して、鉄塔基礎の安定性等は問題ないことを確認いたしました。

 当社は、引き続き、伊方発電所の電源線の保守・保安確保に努め、同発電所の安全確保に万全を期してまいります。

 

添付資料
 「伊方発電所電源線の送電鉄塔基礎の安定性等評価報告書の概要」

報告書
PDFマーク「伊方発電所電源線の送電鉄塔基礎の安定性等評価報告書」 (PDF-2,308KB)
 

※国の指示
「原子力発電所及び再処理施設の外部電源の信頼性確保について(指示)」(平成23年4月15日付)

以上


(添付資料)

伊方発電所電源線の送電鉄塔基礎の安定性等評価報告書の概要

 

指示文書または報告書

内容












【保安院からの指示文書】
 原子力発電所及び再処理施設の外部電源の信頼性確保について(指示)
[平成23・04・15原院第3号]
 

【指示事項(今回の該当項目)】
 原子力発電所の電源線の送電鉄塔について、地震による基礎の安定性等について評価を行い、その結果に基づいて必要な補強等の対応を行うこと。

【当社報告書】
 伊方発電所の外部電源の信頼性確保に係る実施報告書
(平成23.5.16提出)
 

【該当項目に対する報告内容】
 伊方発電所の電源線について、鉄塔敷地周辺の盛土の崩壊や地すべりおよび急傾斜地の崩壊による基礎への影響を評価し、必要に応じて対策を実施する。
 






 伊方発電所電源線の送電鉄塔基礎の安定性等評価報告書
(平成24.2.17提出)

 

(盛土の崩壊)
 現地調査により、伊方発電所の電源線の鉄塔敷地周辺にあった7個所の盛土のうち、鉄塔に影響を及ぼす可能性のある盛土が4個所抽出されたが、盛土を解析評価した結果、安定性が確保されていることを確認した。なお、伊方発電所構内の3個所の盛土は、万一に備えて盛土の安定性を向上させる対策を実施する。

(地すべり)
 資料調査および現地調査を実施した結果、新たに保全対策が必要な鉄塔はなく、基礎の安定性には問題のないことを確認した。なお、今回調査以前から地すべりの兆候を確認していた1基については、平成24年3月に対策工事を完了予定。

(急傾斜地の崩壊)
 資料調査および現地調査を実施した結果、保全対策が必要な鉄塔はなく、基礎の安定性には問題のないことを確認した。
 

 

PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp