平成24年02月29日
四国電力株式会社

東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた
伊方発電所における活断層の連動性に係る検討結果の報告について

 当社は、国の指示に基づき、東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた伊方発電所における活断層の連動性について、本日、その検討結果を国に提出しました。

 伊方発電所の敷地周辺の活断層については、連動性を考慮した検討を既に実施しています。また、伊方発電所の地震動評価上は、敷地前面海域の断層群の影響が支配的であり、隣接する活断層と連動しても基準地震動に影響しないことを確認しています。

 今後も、断層の連動性に関する情報収集に努め、新たな知見については、今後の評価に適切に反映してまいります。

 

※国の指示
「平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき事項(中間取りまとめ)について(指示)」(平成24年1月27日付)


 

添付資料
「平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき事項(中間取りまとめ)に基づく報告[概要版]」
 

報告書
PDFマーク
「平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき事項(中間取りまとめ)に基づく報告について」(PDF-2,474KB)

 

以上


添付資料

平成23年東北地方太平洋沖地震から得られた地震動に関する
知見を踏まえた原子力発電所等の耐震安全性評価に反映すべき
事項(中間取りまとめ)に基づく報告[概要版]

 

 伊方発電所の敷地周辺においては,地質調査等の結果に基づき,敷地前面海域の断層群(中央構造線断層帯),五反田断層,F−21断層を,耐震設計上考慮すべき活断層として評価しています。このうち,五反田断層とF−21断層についてはそれぞれ孤立しており,互いに直線的に分布するような地質構造上の関連性を有するものではないこと等から,連動性を考慮する必要はないものと評価しました。敷地前面海域の断層群については,中央構造線断層帯に属する活断層であることに鑑み,中央構造線断層帯に属する活断層の連動および中央構造線断層帯と別府湾−日出生断層帯の連動を既に耐震バックチェックにおいて考慮しています。

 そして,連動性等に係る種々のケース検討の結果から,伊方発電所の地震動評価上は,敷地前面海域の断層群の影響が支配的であり,隣接する活断層と連動しても基準地震動に影響しないことを確認しています。

 したがって,今回の知見に基づいて新たに連動性を考慮すべきものはありません。

 今後も,断層の連動性に関する情報収集に努め,新たな知見については今後の評価に適切に反映してまいります。

 伊方発電所周辺の活断層分布図

伊方発電所において連動性を考慮した活断層

 

 

 

PDFファイルをご覧いただくには専用ソフトが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp