平成25年03月29日
四国電力株式会社

平成25年度供給計画の概要について

 当社は、本日、経済産業大臣に平成25年度供給計画を届出いたしました。

 供給計画は、電気事業法の規定に基づき、今後10年間の電力需要を想定し、安定供給を確保するための供給力や設備計画等について取りまとめ、毎年3月末までに経済産業大臣に届出するものです。

 本日届出を行いました平成25年度供給計画につきましては、現時点において、国のエネルギー政策の方向性や、伊方発電所の再稼働の見通しが不透明であることなどから、今後10年間の供給力の見通しなどを「未定」としております。
 これらの項目につきましては、今後、内容をお示しできる段階になれば、あらためてお知らせいたします。


以上

(別紙)電力供給計画の概要


別紙

電力供給計画の概要

 
1.電力需要想定

○販売電力量

  • 平成25年度は、緩やかな景気の持ち直しが見込まれる一方で、節電の定着などにより、前年度並みの275億kWhを想定しています。
     
  • 長期的には、節電の定着や省エネ機器の普及拡大などが見込まれるものの、経済成長に伴う生産水準の上昇などから、平成34年度は、23年度からの平均伸び率0.1%(気温閏補正後0.2%)増の287億kWhと想定しています。

○最大電力(送電端)

  • 平成25年度は517万kW、また平成34年度は、23年度からの平均伸び率0.3%(気温補正後0.0%)増の535万kWと想定しています。

◇電力需要想定

電力需要想定
  (注)< >は気温(閏)補正後の値。


2.電力需給計画

 平成25年度以降の供給力、供給予備力および供給予備率については、伊方発電所の再稼働の見通しが不透明であることなどから、「未定」としております。


3.電源開発計画

源開発計画

※1:坂出発電所2号機の概要
坂出発電所2号機の概要

※2:松山太陽光発電所の概要
松山太陽光発電所の概要 


4.流通設備計画

 基幹ネットワークに大きな変更はありませんが、既存設備について、電力需要の伸びにあわせ、適切な時期・規模での増設・更新を行い、合理的な設備形成を図ります。




以上

戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. / Kagawa,Japan
mail to : postmaster@yonden.co.jp