平成27年05月22日
四国電力株式会社

今夏の需給見通しと諸対策について

 当社では、原子力の再稼働がないとした場合の今夏の需給見通しと対策について検討を進め、先般、国に報告しておりました。

(4月16日お知らせ済み)


 本日、国の審議結果等を経て、最終的な内容が固まりましたので、お知らせいたします。

 今夏についても、従来から取り組んでいる、火力発電設備の増出力運転や自家発等からの受電を継続することにより、一定水準の予備率を確保できる見通しとなっております。

 このため、数値目標を掲げての節電のお願いはいたしませんが、伊方発電所全号機が停止する中、火力発電設備の高稼働が続いており、依然として当社の需給状況が厳しいことに変わりはないことから、引き続き、お客さまには効率的な電気のご使用や無理のない範囲での節電をお願いさせていただきたいと存じます。  

 お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 当社としては、引き続き、高稼働が続く火力発電設備を始めとした電力供給設備の安定運用に努めることで、電力の安定供給の確保に取り組むとともに、安全確保を大前提に、早期に伊方発電所を再稼働できるよう、全力を尽くしてまいります。

以上


<参考1>今夏の需給バランス見通し(4月16日発表値から変更ありません)

今夏の需給バランス見通し  
※ 猛暑気温は、平成22年度夏季の気温相当
※ 定着した節電効果として▲6.0%(平成22年度比)と評価し、これを目安に織込み

 
<参考2>今夏における需要面での対策

(1)節電のお願い
 お客さまに、検針票の裏面などを活用して、日常生活や産業活動に支障のない範囲での節電にご協力をお願いするとともに、お客さまの取り組みにお役立ていただけるよう、節電方法の紹介や「でんき予報」を当社ホームページ等に掲載いたします。

  [節電をお願いする期間]7月〜9月の平日、お盆期間:8/13,14を除く

(2)ピーク抑制への取り組み
 当社では、家庭用、業務用、産業用などのお客さまごとに、夏季ピークの負荷抑制やそれ以外の時間へ負荷移行により、電気料金の負担を軽減できるメニューを設定しご活用いただいております。

   また、大口のお客さま(契約電力500kW以上)を対象に、設備のトラブルなど需給状況に不測の事態が発生した場合、当社からの事前連絡に基づき、お客さまに負荷抑制をお願いする「夏季ピーク電力調整プラン」を、今夏も導入いたします。





戻る

Copyright(C) 2015 YONDEN
Shikoku Electric Power Co.,Inc. All rights reserved. / Kagawa,Japan