DAMovie

小見野々ダム

  • 小見野々ダム - 春Ver.-

  • 小見野々ダム - 夏Ver.-

  • 小見野々ダム - 秋Ver.-

ダム概要

ダム概要

所在地
徳島県那賀町木頭助字小見野々
河川名
那賀川水系那賀川
ダム型式
アーチ式コンクリートダム
ゲート
鋼製ラジアルゲート 9門
堤高
62.5m
堤頂長
151.78m
総貯水容量
1,675万m3
本体着工年
1965年
本体完成年
1968年

ランダム情報

ダムが位置する那賀町は、木頭ゆずの産地として有名で、近年はジビエ料理も味わえます。また、同町に伝わる「古代布・太布の製造技術」が国の重要無形文化財へ指定された他、農村舞台での阿波人形浄瑠璃の伝承など、伝統文化の保存にも熱心です。

こだわり技術

小見野々ダムは、強固な岩盤と複雑な設計が必要なドーム型アーチを採用しています。堤頂幅いっぱいに洪水吐ゲート(9門)が配置された姿はアーチダムでは珍しく、全国有数の豪雨地帯であることを物語っており、その裏では、この特別な洪水吐の配置がアーチ形状に及ぼす影響について、実験等により確認しています。