系統アクセス情報の公表

資源エネルギー庁の「新しい火力電源入札の運用に係る指針」「系統情報の公表の考え方」および電力広域的運営推進機関の「送配電等業務指針」に基づき以下の系統アクセス情報を公表いたします。

ノンファーム型接続とは

ノンファーム型接続は、新しい電源を接続する際に送電線などの送変電設備の空いている容量を活用することで一部の送変電設備の増強工事を不要とする新しい接続方法です。
空き容量の無い基幹系統やその基幹系統と接続するローカル系統及び配電系統に接続する電源は、原則としてノンファーム型接続となります。
ノンファーム型接続に関する詳細は、電力広域的運営推進機関のHPをご確認ください。
ノンファーム型接続となる場合、連系承諾までにノンファーム型接続に関する同意書をご提出いただく必要があります。
また、連系に際して出力制御に対応した機器設置が新たに必要となる場合があります。

【同意書様式掲載先】
  • スイッチング等により契約形態や発電契約者が変更となる場合にも、同意書をご提出ください。
  • 低圧FIT太陽光については、電力受給契約申込書の別紙にノンファーム接続に関する同意事項を添付しております。
    別紙をご確認の上お申込いただくことで、ノンファーム型接続に同意したものとさせていただきます。(この場合、別途、「電力受給契約に伴う同意書」の提出は不要です)
【技術仕様書掲載先】 【お問い合わせ先】

これに伴い、「N-1電制が適用可能な系統」「ノンファーム型接続の適用系統」および「N-1電制適用可能量」等の情報を公表しております。