原子燃料サイクル

原子力発電の燃料であるウランは、鉱山で掘り出された後、製錬、転換、濃縮、加工されて発電所で使用されます。使い終わった燃料は、再処理工場に送られ、燃え残りのウランや新しくできたプルトニウムを取り出します。これらは、加工などをして再び燃料として使います。
したがって、原子力発電所で使われている燃料は使い捨てではなく、繰り返し使用することができ、このような一連の流れを「原子燃料サイクル」と呼んでいます。

ようこそ!伊方発電所 見学のしおり
拡大できます