運転実績データ

  • 1号機については2016年5月10日運転終了
  • 2号機については2018年5月23日運転終了

発電電力量

伊方発電所が運転開始以来作り続けてきた電気の量です。

拡大できます

詳細データはこちら

(百万kWh)

年度 1号機 2号機 3号機
'18 ----- 0 3,339 3,339
'17 ----- 0 4,055 4,055
'16 0 0 4,945 4,945
'15 0 0 0 0
'14 0 0 0 0
'13 0 0 0 0
'12 0 0 0 0
'11 2,130 3,935 633 6,698
'10 4,169 3,923 8,012 16,104
'09 3,568 3,773 6,762 14,102
'08 3,862 4,475 6,633 14,970
'07 4,140 4,110 7,165 15,415
'06 4,347 3,974 6,383 14,704
'05 4,291 2,923 7,996 15,210
'04 2,914 3,732 7,067 13,713
'03 3,942 5,022 6,112 15,076
'02 4,463 4,147 6,954 15,564
'01 4,249 3,288 6,469 14,006
'00 3,119 3,884 7,796 14,799
'99 4,004 4,962 5,695 14,661
'98 4,370 3,946 6,508 14,824
'97 3,995 3,810 6,386 14,191
'96 3,763 3,853 7,432 15,048
'95 3,810 4,934 6,171 14,915
'94 4,067 3,956 2,285 10,308
'93 3,658 3,790 ----- 7,448
'92 4,722 3,662 ----- 8,384
'91 3,558 4,588 ----- 8,146
'90 3,846 4,113 ----- 7,959
'89 3,775 3,966 ----- 7,741
'88 4,798 3,732 ----- 8,530
'87 3,895 4,926 ----- 8,821
'86 3,926 4,005 ----- 7,931
'85 3,878 3,899 ----- 7,777
'84 4,372 3,972 ----- 8,344
'83 4,071 4,403 ----- 8,474
'82 3,704 4,329 ----- 8,033
'81 3,715 177 ----- 3,892
'80 2,992 ----- ----- 2,992
'79 3,047 ----- ----- 3,047
'78 3,082 ----- ----- 3,082
'77 2,353 ----- ----- 2,353

設備利用率

拡大できます

詳細データはこちら

(%)

年度 1号機 2号機 3号機
'18 ----- 0.0 42.8 39.3
'17 ----- 0.0 52.0 31.8
'16 0.0 0.0 63.4 37.2
'15 0.0 0.0 0.0 0.0
'14 0.0 0.0 0.0 0.0
'13 0.0 0.0 0.0 0.0
'12 0.0 0.0 0.0 0.0
'11 42.8 79.2 8.1 37.7
'10 84.1 79.1 102.8 90.9
'09 72.0 76.1 86.7 79.6
'08 77.9 90.3 85.1 84.5
'07 83.3 82.7 91.6 86.8
'06 87.7 80.2 81.9 83
'05 86.5 59.0 102.6 85.9
'04 58.8 75.3 90.6 77.4
'03 79.3 101 78.2 84.9
'02 90.0 83.6 89.2 87.9
'01 85.7 66.3 83.0 79.1
'00 62.9 78.3 100 83.6
'99 80.5 99.8 72.8 82.5
'98 88.1 79.6 83.5 83.7
'97 80.6 76.8 81.9 80.1
'96 75.9 77.7 95.3 84.9
'95 76.6 99.2 78.9 83.9
'94 82.0 79.8 100 84.5
'93 73.8 76.4 ----- 74.1
'92 95.2 73.9 ----- 84.6
'91 71.6 92.3 ----- 82.0
'90 77.6 83.0 ----- 80.3
'89 76.1 80.0 ----- 78.0
'88 96.8 75.3 ----- 86.0
'87 78.3 99.1 ----- 88.7
'86 79.2 80.8 ----- 80.0
'85 78.2 78.6 ----- 78.4
'84 88.2 80.1 ----- 84.1
'83 81.9 88.6 ----- 85.2
'82 74.7 87.3 ----- 81.0
'81 74.9 100 ----- 75.8
'80 60.3 ----- ----- 60.3
'79 61.3 ----- ----- 61.3
'78 62.2 ----- ----- 62.2
'77 94.7 ----- ----- 94.7
  • 設備利用率=発電電力量/(定格電気出力×暦時間数)×100
  • '02年度から定格熱出力一定運転を開始したため、設備利用率が100を超えることがあります。

使用済燃料貯蔵量・搬出実績

原子炉容器から取り出された燃料集合体(使用済燃料)には再利用可能な燃え残りのウランと新しく発生したプルトニウムがあることから、再処理工場でこれらの有用な資源を回収します。
再処理工場に搬出するまでの間、発電所の使用済み燃料プールで適切に一時貯蔵します。

拡大できます

詳細データはこちら

(燃料体数)

年度 発生量 搬出量 累積貯蔵量
'18 93 0 1,658
'17 50 0 1,565
'16 93 0 1,515
'15 0 0 1,422
'14 0 0 1,422
'13 0 14 1,422
'12 28 0 1,436
'11 84 0 1,408
'10 66 0 1,324
'09 110 70 1,258
'08 58 70 1,218
'07 80 42 1,230
'06 100 42 1,192
'05 28 84 1,134
'04 126 0 1,190
'03 94 0 1,064
'02 128 42 970
'01 84 0 884
'00 80 42 800
'99 94 28 762
'98 111 0 696
'97 98 0 585
'96 80 14 487
'95 82 14 421
'94 70 14 353
'93 70 14 297
'92 52 56 241
'91 44 50 245
'90 102 83 251
'89 106 49 232
'88 54 133 175
'87 52 74 254
'86 106 66 276
'85 106 66 236
'84 56 52 196
'83 52 52 192
'82 104 14 192
'81 40 14 102
'80 50 14 76
'79 36 0 40
'78 4 0 4
'77 0 0 0

低レベル放射性廃棄物貯蔵量・搬出実績

発電所の運転にともない発生する放射性の廃棄物は低レベル放射性廃棄物です。それぞれの性状に応じて、発電所内で適切に処理・保管を行っています。
低レベル放射性廃棄物を詰めたドラム缶は、青森県六ヶ所村の「低レベル放射性廃棄物埋設センター」へ順次搬出し、安全に埋設します。

低レベル放射性廃棄物貯蔵量・搬出実績
拡大できます

低レベル放射性廃棄物の処理・処分方法

拡大できます

クリアランス制度

原子力発電所の解体工事などで発生した廃材のほとんどは、放射能レベルが極めて低く、人の健康への影響が無視できるものです。クリアランス制度は、年間0.01ミリシーベルトを超えないことを基準に、これらを、国の確認を受けて、一般のリサイクル品として資源を有効に再利用することや、産業廃棄物として取り扱うことのできる制度です。

クリアランス制度は海外では既に多くの国において導入されており、我が国でも2005年度に法令に取り入れられ、日本原子力発電株式会社の東海発電所の解体に伴い発生する廃棄物に、この制度が適用されています。

当社では、東海発電所で使用されていた金属を再加工して作られたベンチを、伊方ビジターズハウス、伊方発電所構内、原子力保安研修所(松山市)および本店原子力部(高松市)に設置し、来訪者にご利用いただいています。

クリアランス制度によるリサイクルは、地球環境への負荷を低減し、我が国が目指す循環型社会の形成に寄与することが期待されています。

当社は今後も、クリアランス制度の定着に向け、制度の理解促進を図ってまいります。

人が日常生活の中で受ける自然放射線(年間約2.4ミリシーベルト)の200分の1以下。人の健康への影響が無視できる線量として国際的に認められている。

【伊方ビジターズハウスに設置しているベンチ】

幅約90cm×高さ約40cm×奥行約55cm、重さ約30kg