よんでんグループ環境方針

環境基本方針

よんでんグループは、「暮らしを支えるマルチユーティリティ企業グループ」として、全ての事業活動において、以下の方針に基づき環境保全に全力を挙げて取り組むことで持続可能な社会の発展に向けて行動し、お客さまから信頼され選択されつづける企業グループを目指します。

よりよい環境社会の創造を目指します

環境負荷の継続的低減をはかり、低炭素社会の実現や循環型社会の形成、地域環境保全などへの取り組みを推進します。

環境管理を推進します

環境に関する法令等を遵守することはもとより、環境の継続的な改善をはかるため、環境管理を推進します。

社会とのコミュニケーションを推進します

環境情報の積極的かつ効果的な開示を行うとともに、地域と一体となった環境保全活動などに取り組み、社会とのコミュニケーションを推進します。

環境行動指針

持続可能な社会の発展に向けて、以下のとおり行動します。

  • 低炭素社会実現のため、CO2をはじめとする温室効果ガスの排出抑制に努め、CO2フリー電源の利用を推進します。

    また、高効率なエネルギー供給システムの構築やエネルギー利用に関するコンサルティング活動に取り組むなど、省エネルギーを推進します。

  • 循環型社会の形成に向け、事業活動に伴い発生するあらゆる廃棄物の発生抑制・再使用・再資源化に取り組み、ゼロエミッションを目指します。

    また、グリーン購入の拡大に努めるとともに、オフィスのエコ活動を推進します。

  • 地域環境保全を推進するため、大気汚染・水質汚濁・土壌汚染の防止、化学物質の適正管理や生物多様性の保全などに努めます。
  • 環境管理を推進するため、環境教育の実施などによりグループ全体の環境意識を高め、環境マネジメントシステムを効果的に展開します。
  • 社会とのコミュニケーションを推進するため、気候変動に関する取り組みなど、環境情報開示の充実を図ります。

    また、広報・広聴活動を通じて双方向コミュニケーションをはかるとともに、環境月間行事など地域と一体となった環境保全活動を実施し地域社会とのパートナーシップを深めます。

環境管理目標

環境保全に関する管理目標を以下のとおり設定し、環境負荷の継続的低減を目指します。

環境行動指針の区分 項目名 管理目標
2020年度
低炭素社会の推進 CO2排出係数 電気事業低炭素社会協議会における目標
「電気事業全体で2030年度に0.37kg-CO2/kWh程度」を目指す
非化石電源比率 高度化法における目標
「2030年度に44%以上」を目指す
火力発電所の熱効率 ベンチマーク指標 A指標
B指標
省エネ法における目標
「2030年度にA指標:1.0以上、B指標:44.3%以上」を目指す
再生可能エネルギー開発量 2030年度までにグループ全体で50万kWの開発を目指す
ヒートポンプ蓄熱システム等の普及開発量

65万kW程度

循環型社会形成の推進 廃棄物の有効利用率

99%程度

  石炭灰の有効利用率

99%以上

地域環境保全の推進 SOX排出原単位

0.3g/kWh以下

NOX排出原単位

0.5g/kWh以下

環境管理の推進 環境関連法令違反および環境事故の防止徹底 グループ大で件数ゼロ