カーボンニュートラルへの挑戦

よんでんグループは、エネルギー供給を支える責任ある事業者として、「電源の低炭素化・脱炭素化」と「電気エネルギーの更なる活用」の推進を通じて「2050年カーボンニュートラル」へ挑戦していくことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

2050年カーボンニュートラル
拡大できます

カーボンニュートラルに向けた取り組みとCO2削減目標

2050年のカーボンニュートラルに向けて、安全を大前提とした原子力発電の最大活用、再生可能エネルギーの主力電源化、火力発電におけるCO2排出削減、そして技術革新等を踏まえた蓄電池・EVの普及拡大などの電気エネルギーの更なる活用に取り組み、四国電力のCO2排出量について、2030年度に2013年度比で半減を目指します。

拡大できます

原子力発電の最大活用

確立した脱炭素電源である原子力発電について、安全で安定的な運転を継続することで最大限活用し、カーボンニュートラルの実現に貢献します。

安全・安定運転の継続

伊方発電所3号機においては、2021年10月から運用を始めた特定重大事故等対処施設ほか、重大事故への備えなどのための施設の拡充や、運転管理の適切な実施・教育訓練の充実などに取り組んでいます。

原子炉建屋などへの大型航空機の衝突やテロリズム等による原子炉格納容器の破損を防止するための機能を持つバックアップ施設

重大事故への備え

拡大できます
  • 伊方発電所での安全・安定運転の継続のための各取り組みについては、以下からご覧になれます。

再生可能エネルギーの主力電源化

よんでんグループは、国内外で2030年度までに50万kW、2050年度までに200万kWの再生可能エネルギーの新規開発を目指し、各種案件への参画や開発可能地点の発掘などの取り組みを進めています。

再生可能エネルギーの新規開発

再生可能エネルギーの新規開発については、2022年3月末時点で約23万kW(前年度比+5.9万kW)となり、よんでんグループが保有する再生可能エネルギー容量は、約135万kWとなっています。

よんでんグループの再生可能エネルギーの新規開発目標

新規開発中の主な案件(四国地域内)

火力発電におけるCO2排出削減に向けた取り組み

火力発電について、2030年までの期間を低炭素化フェーズと位置づけ、現在、経年化の進んだ西条発電所1号機を高効率ユニットへリプレースしています。
また、2030年までに石炭火力での木質バイオマスの利用拡大やアンモニア混焼の導入を目指して、検討を進めています。
水素、CCUS等についても、技術面の確立、経済性の確保等の状況を踏まえて火力発電所での導入の可能性について幅広く検討しています。

CO2を分離・回収し、有効利用や地中への貯留を行うこと(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage の略)

高効率石炭火力へのリプレース

経年化の進んだ西条発電所1号機を最新鋭の高効率な石炭火力へリプレースし、運転開始後は、木質バイオマスの混焼に加えて、新たに下水汚泥固形燃料化物(バイオマス)の混焼も行い、CO2排出削減を図る計画です。

西条発電所新1号機完成予想図

西条発電所新1号機の概要

低炭素化・脱炭素化に向けた新技術

水素、アンモニア

水素、アンモニアは、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料と異なり、燃焼させてもCO2を発生しないことから、火力発電の低炭素化・脱炭素化の有望な燃料として、利用することが期待されており、利用技術の開発や、燃料の低価格化・供給安定化に向けた取り組みなどが進められています。

CCUS

火力発電において発生するCO2を分離・回収し、資源としての有効利用や地中深くへの貯留を行うことで、CO2排出を大幅に削減できることが期待されており、実現に向けて、CO2の有効利用技術や貯留技術の開発などが進められています。

電気エネルギーの更なる活用

脱炭素ニーズの高まりやエネルギー事業に係る技術革新等を踏まえ、従来の電化推進のほか、PV、蓄電池・EVの普及拡大や、VPP・デジタル技術の活用などにより、電気エネルギーの更なる活用に取り組んでいます。

PV:太陽光発電、EV:電気自動車、VPP:仮想発電所

蓄電池・EVの拡大などの取組事例

お客さまや地域社会における蓄電池・EV普及拡大などを後押しするよんでんグループの様々な取り組みの中から、一例を紹介します。

EV・充電器導入サービス

法人・自治体のお客さまを対象に「EV乗用車、EVバスと充電器をセットにしたリースサービス」や「EV充電にCO2フリー電気を供給するオプション」などをワンストップで提供しています。

拡大できます

VPP・デジタル技術の活用

VPP・デジタル技術を活用したアグリゲート事業やその先にあるエネルギー関連複合サービスの展開も念頭に、分散型エネルギー事業に取り組んでいます。

拡大できます

詳細資料

2050年カーボンニュートラルへの挑戦に関する詳細資料は、以下からご覧になれます。

2022年5月11日
カーボンニュートラル実現に向けた取り組み(会社説明会資料より)
2021年3月31日
よんでんグループ中期経営計画2025