CSR活動の7つの柱・アクションプラン

当社にとって最も重要な社会的使命は、電気を安全・安定的に供給することです。さらに、そこから生じる様々なニーズや課題に、コミュニケーションを通じて真摯に取り組んでいくことが、当社にとっての社会的責任であると考えています。
当社は、優先的に取り組むべき重点課題を「CSR活動の7つの柱」として位置づけ、柱ごとの趣旨を従業員一人ひとりが自覚しながら、より効果的にCSR活動を推進していきます。

CSR活動7つの柱

1

電力の安定供給の遂行

安定した電力の供給を通じて、地域の人々に豊かな暮らしをお届けするという、公益事業者としての使命を全うするため、設備の合理的な形成と効率的で安定した運用はもとより、災害時の迅速な対応などにより、良質で安価な電気エネルギーを、安全かつ安定的にお届けすることは、当社がCSR活動を進めていく上での基盤となります。

2

コンプライアンスの推進

当社が、長年をかけて培ってきた、当社に係わる全ての皆さまとの信頼の絆を、今後より一層強め、企業価値を高めていくためには、法令の遵守や企業倫理の徹底など、従業員一人ひとりが遵法意識を高く持ち、社会の要請に応えていくことが重要です。

3

環境保全活動の推進

当社は、エネルギー供給事業者として、あらゆる事業分野において環境負荷の継続的低減を図るとともに、環境保全活動のレベルアップに努めていかねばなりません。今後、信頼され選択され続ける企業を目指していく上では、それぞれの職場で、地球のため、未来のため、環境に優しい事業活動を推進していくことが重要です。

4

開かれた経営の実践

今後とも、お客さまに当社の電気を選択いただくためには、事業活動全般についてわかりやすく訴え、より親しまれ、信頼されるよんでんグループブランドを醸成する必要があります。こうした中、一人ひとりが社会との接点、すなわち「よんでんの顔」であるとの認識を持ち、双方向コミュニケーションを図ることが重要です。

5

お客さま志向の徹底

「人々の暮らしを支えるマルチユーティリティ企業グループ」を目指し、ソリューションサービスをはじめとするお客さま接点業務の充実を図ることなどにより、さらなるお客さまのご満足を目指し、常にお客さまの視点に立って、より一層のサービス向上などに取り組むことが重要です。

6

従業員活力の維持・向上

より一層の競争性、効率性が求められる経営環境のもと、「やりがい」や「充実感」をもって積極的かつ創造的に仕事に取り組むことが企業の競争力の源泉につながります。そのためにも、一人ひとりが、災害のない、活力ある職場づくりを目指して、取り組みを実践していくことが重要です。

7

地域共生活動の推進

四国に事業基盤を置く当社にとって、豊かな四国づくりに貢献することは企業としての社会的責任であり、また、四国の発展なくして企業としての成長もありません。このため、当社は「地域と共に」という企業理念のもと、今後とも地域との交流を一段と深めながら、四国の活性化への支援と協力を強化していくことが重要です。

2019年度CSRアクションプラン

よんでんグループは、「CSRアクションプラン」(活動計画)を策定し、それに則り取り組みを進めるとともに、よんでんグループ統合報告書に掲載し、ステークホルダーの皆さまに広くお伝えしています。

そして、さまざまなコミュニケーション機会を通じて頂戴したご意見・ご要望などに照らしながら、取り組みの進捗状況を確認し、その結果を次年度のアクションプランへ反映することで、さらなるCSR活動の推進に繋げていくこととしています。

1.電力の安定供給の遂行

活動項目 2019年度の計画・目標
電力の安定供給を支える電源構成と効率的な需給運用
  • 再生可能エネルギーの導入増加に応じた需給対策を適切に実施
  • スポット市場や新市場等を積極的に活用
原子力発電
  • 伊方3号機の安全・安定運転を継続
  • 中長期的な安全対策工事の着実な実施
  • 安全性向上に向けた自主的取り組みの継続
  • 伊方1・2号機廃止措置の着実な実施
  • 伊方発電所に関する地域への理解促進活動の継続実施
火力発電
  • 設備信頼性を確保し、安全・安定運転を継続
  • 西条1号機リプレース工事の着実な実施
  • 安定的で経済的な燃料調達の継続実施
再生可能エネルギー
  • 水力・太陽光・風力発電など再生可能エネルギーの最大活用
電力ネットワーク
  • 電力ネットワークの高経年化対策、適切な保守管理等による安定供給基盤の維持・強化
  • スマートメーターの全戸導入と自動検針化を着実に実施

2.コンプライアンスの推進

活動項目 2019年度の計画・目標
コンプライアンスの推進
  • 社会情勢を踏まえたコンプライアンス教育等の着実な実施
  • コンプライアンスの徹底に向け、よんでんグループ全体でさらなる推進
  • 行為規制の遵守と徹底を継続
個人情報保護の徹底
情報管理の徹底
  • e-ラーニングや各種教育、注意喚起の実施で個人情報適正管理の徹底
  • 業務委託先における個人情報の管理状況を確認
  • 情報セキュリティ向上に向けた施策をグループ会社を含めて着実に推進

3.環境保全活動の推進

活動項目 2019年度の計画・目標
地球温暖化対策の推進
  • 国のエネルギー・環境政策等の動向を踏まえた今後のCO2排出抑制への取り組みの検討・実施
  • 電気事業低炭素社会協議会と協働し、国のエネルギー・環境政策等の動向を踏まえた電気事業全体としての低炭素社会実現へ向けた長期ビジョンの策定
地域環境保全の推進
  • 西条1号機リプレース工事中の環境モニタリングの適切な実施と結果公表
  • PCB廃棄物の無害化処理の計画的な実施
  • 環境ビジネス等を通じたPCB廃棄物の処理促進に向けた社会への貢献
循環型社会形成の推進
  • 廃棄物有効利用の継続的な推進
環境管理の推進
  • 環境講演会やe-ラーニングによる環境教育のより効果的・効率的な実施
社会とのコミュニケーションの推進
  • 環境月間関連行事等の効果的な実施

4.開かれた経営の実践

活動項目 2019年度の計画・目標
コーポレートガバナンスの充実・強化
  • コーポレートガバナンス・コードへの適切な対応
  • リスク管理の適切な推進
  • 法的分離(送配電部門の分社化)に向けた対応の着実な実施
情報公開の徹底
  • 適時・適切な情報公開の継続実施
IR活動を通じた企業価値の向上
  • 代表取締役による会社説明会の開催等を通じた機関投資家・アナリストとの対話の推進
  • 株主・投資家への適時適切な情報開示の実施

5.お客さま志向の徹底

活動項目 2019年度の計画・目標
お客さま志向の営業活動
  • お客さまのニーズを踏まえた新料金プランやサービスの更なる拡充
  • 電化提案活動やソリューション活動の推進
新たな付加価値創出への挑戦
  • 海外事業の対象地域や発電種別等の拡大
  • 異業種とのアライアンスや資本提携等を通じた、電気を中心とするエネルギーとデジタライゼーションの融合分野などの領域における新たな付加価値や複合サービスの創出

6.従業員活力の維持・向上

活動項目 2019年度の計画・目標
従業員の人格と多様性の尊重
  • 従業員のやりがいや充実感を高められるよう、積極的なチャレンジを促す組織風土を醸成
  • 女性の活躍促進に向けた事業主行動計画における取組事項の着実な実施
働きやすい職場環境づくり
  • 「働き方改革(よんでんeワーク)」に向けた取り組みの継続実施
  • 業務効率化や新技術の活用などによる時間外勤務の削減を進め、従業員がより健康的でいきいきと働ける職場づくりを推進
  • 労使協議の充実や情報交換を通じた労使の信頼関係の維持・向上
労働安全衛生の徹底
  • 各種安全教育を通じ、安全基本ルールの遵守・徹底、安全当事者意識のさらなる醸成や危険感受性の向上を推進
  • 熱中症未然防止の推進
  • メンタルヘルスケアおよび疾病予防対策の推進
人材育成の積極的な推進
  • 事業領域の変化・拡大に対応し、既存の枠にとらわれない外向き志向の醸成を図る研修を拡充
  • 電気事業の安定運営を支える現場力の継承

7.地域共生活動の推進

活動項目 2019年度の計画・目標
地域活性化に向けた取り組みの推進
  • JR四国、日本郵便四国支社との「3社連携協定」に基づく取り組みなど、地域活性化に資する諸活動の継続実施
社会とのコミュニケーションの推進
  • 継続的な社会貢献活動の実施
  • 地域のお客さまとの信頼関係維持につながる諸活動を継続
次世代層への支援
  • 「出前エネルギー授業」や「施設見学会」をはじめとする次世代層へのエネルギー教育の継続実施